style
Where the runway meets the street

マシュー・ウィリアムス(Matthew Williams)がデザインを手掛けるファッションレーベル「1017 ALYX 9SM(1017 アリクス 9SM)」は、2021年春夏コレクション「IN SIEME」のルックを公開した。

2015年に発表されたファーストコレクション以降、ウィリアムス自身が影響を受けてきたカリフォルニアのユースカルチャーや世界中のサブカルチャーと、ミラノで生産されるハイクオリティなマテリアルをミックスすることで、現代における新たなラグジュリー・ワードローブを提案している。

2018年にパリのメンズファッションウィークで初のショーを開催するだけでなく、「Nike(ナイキ)」「Moncler(モンクレール)」とのコラボレーションや、キム・ジョーンズ(Kim Jones)が手がける「DIOR(ディオール)」へのデザイン提供も行った。

 

2021年春夏コレクションは、過去2シーズンのランウェイ同様、スタイリストにはロッタ・ヴォルコワ(Lotta Volkova)、撮影はロンドンを拠点に活動する写真家トーイン・イビダポ(Toyin Ibidapo)を起用した。

Promotion