style
Where the runway meets the street

Alexander McQueen(アレキサンダー・マックイーン)」は、2021年春夏メンズコレクションのルックビジュアルを公開した。

イギリスのロックダウン期間中にデザインされた2021年春夏メンズコレクションは、主にストックのファブリックを使い、プリントや染色を重ね生まれ変わらせた素材を用いて制作した。

シングルブレステッドのテーラードジャケットとスリムトラウザーは、プリンスオブウェールズチェックを採用。アイボリーウールのダブルブレステッドのテーラードジャケットにもスリムトラウザーを合わせ、ジャケットはブラックのベルトとボタンとのコントラストが効いている。

アルビオンピンクや赤色などの大胆なプリントが目を引くテーラードジャケットとスリムトラウザーのルックも。ピンクやボルドーのディップダイプリントのボンバージャケットには、ホワイトコットンギャバジンの膝丈ショーツを合わせた。

ニットは、アシンメトリーに配色された黒、赤、アイボリーのウールセーターや、リブ仕様の深いスクエアネックラインも特徴的なネイビーとアイボリーのストライプのカシミア・ウールインターシャニットなどをラインナップ。

後半のルックに登場するシングルブレストのテーラードジャケットは、ウエストのカットアウト、カットアウェイバックがウエストをシェイプ。ブラックポリファイユのボンバージャケットなどにはブローチ風の刺繍をあしらった。大きなハンドドレープリボンのディテールを加えたテーラードジャケットも。

アクセサリーは、シューズのつま先の形が強調されたラバーソールのブーツやキャンバス、スエード、レザー素材のスニーカー、ジュエリーがスカルや貝殻などが描かれたマジカルハンドのラッキーチャームや、マックイーンのホースシュー、四つ葉のクローバーや平和、健康、愛などのメッセージを刻んだメダリオン、モルテンチェーンのチョーカーなど、バッグがセルヴィッチロゴキャンバスのメトロポリタンジムバッグやストロークペイントを施したレザーのハーネスボディバッグなどがそろった。

Promotion