design
Where form meets function

長崎県を拠点とするタクシー会社「Blue Cab(ブルーキャブ)」とイラストレーター長場雄によるオリジナルグッズが6月21日(金)に発売される。

Blue Cabが昨年一新したコーポレートロゴ、ウェブサイトのデザインの中で、長場はロゴ制作、イラストを担当。ブルーで描かれた柔らかなタッチのイラストはタクシーのボディにもプリントされ、長崎市内で実際に走行中だという。

オリジナルグッズは、Tシャツ、キャップ、コーチジャケットなどのアパレルアイテムに加え、タクシーのトミカも展開する。ルックブックのアートディレクターには同グッズのデザインを担当した「Sasquatchfabrix.(サスクワァッチファブリックス)」デザイナー・横山大介を迎え入れ、フォトグラファー・花房遼が撮影。長崎の街とその地に馴染むスマートなデザインのアイテムを写し出した。

アイテムは6月21日(金)18時からBLUE CABオンラインストアで販売開始。