design
Where form meets function

アーティスト大竹彩子(おおたけさいこ)の個展「COSMOS DISCO(コスモス・ディスコ)」が5月31日(金)~8月22日(木)、東京・渋谷の「DIESEL ART GALLERY」で開催される。

1988年生まれの大竹は、ロンドン芸術大学セントラル・セント・マーチンズ(カレッジ・オブ・アート・アンド・デザイン)を卒業し2016年に帰国。愛媛と東京を拠点に、複眼的なパースペクティブ(遠近感)から成る独自の作品世界を、ドローイング、ペインティング、写真、コラージュなど様々な技法で表現している。

ドローイングと写真を同時に発表する国内初の展覧会となる同展では、30点以上の新作を展示・販売。作者のアンテナに反応し、「発見(Disco/ver)」された「宇宙(Cosmos)」の断片は、時を経て大胆で繊細なイメージの構築物となり、そのコラージュ作品は異次元の「どこか」への進入口となる――。

会場では、ZINEなどの関連グッズも販売。写真作品による「NIPPON」「SOMEWHERE」「SWI-SS」などフルカラーのZINEシリーズは、パリ滞在時のシーンを盛り込んだ新刊「PAPAPARIS」を含む全10点を並べる。

会期初日の5月31日(金)~6月4日(火)の5日間は、会場内でドローイング作品の滞在制作も行う。7月20日(土)には、15:00からライブペインティング、16:30からミュージシャン大橋トリオとのトークイベントも開催する予定。

 

COSMOS DISCO

会期:5月31日(金)~8月22日(木)
会場:DIESEL ART GALLERY
住所:東京都渋谷区渋谷1-23-16 cocoti DIESEL SHIBUYA 地下1階
TEL:03-6427-5955

開館時間:11:30~21:00 / 入場無料 / 不定休
www.diesel.co.jp/art