style
Where the runway meets the street

ブランド:FENDI(フェンディ) × Tiffany & Co.(ティファニー)

FENDIの「ハンド・イン・ハンド(hand in hand)」と「ティファニー メイカーズ(Tiffany Makers)」が協力し唯一無二のスターリングシルバー製「バゲット」バッグを制作。

FENDIは、「Baguette(バゲット)」バッグの誕生25周年を祝し、高級ジュエリーブランドTiffany & Co.とのコラボバッグを発売した。

アーティスティック ディレクター、シルヴィア・フェンディ(Silvia Fendi)が手掛け、バゲットを小脇に抱えたようなスタイルから名付けられた「バゲット」バッグは、1997年に発表。人気ドラマ『SEX ANDTHE CITY』の主人公キャリーが手にして人気に火がつくなど、同ブランドのアイコンバッグとして知られる。

今回、イタリア各州から一人ずつ選ばれた職人たちとの草の根パートナーシッププロジェクトとしてFENDIが2020年に発足した「ハンド・イン・ハンド」を通じて、米ロードアイランドのTiffany & Co.のホローウェア工房の職人「ティファニー メイカーズ」と協業。スターリングシルバーの限定版「Tiffany Baguette Bag(ティファニー バゲット バッグ)」を制作した。バッグには、イタリアの国花ユリと、ニューヨークの州花バラを彫り込んだ。

Tiffany & Co.の銀細工職人らがユリとバラをデザインし、スターリングシルバーに手作業で銀細工となるチェイシング加工を施した。バッグの重量は約5.2ポンドと2キロを超え、制作期間は4カ月、計250時間に及んだ。

コラボでは、同バッグに加えスムースレザーや光沢のあるクロコダイルレザーにダイヤモンドとシルクサテンを用いた「FENDI バゲット × Tiffany & Co.」カプセルコレクションも展開。世界の一部直営店と公式オンラインストアで数量限定で販売している。

Promotion