design
Where form meets function

英出版社「MACK」より写真家・深瀬昌久の写真集「家族」が新装版として刊行されたことを記念し、3日間限定で開催された同写真集のヴィンテージプリントによる特別展示が11月15日(金)から開催される。場所は東京・恵比寿のブックショップ「POST」で、巡回展として開催する。

1971年8月、3代にわたって写真館を経営する家系であった深瀬昌久は、妻の洋子と北海道北部の美深町に降り立つ。家族を集めて記念写真を撮影することになったが、腰巻き一つを身に着けた半裸姿の妻を家族の中に入れて、異様な家族写真を撮影。妻だけでなく様々な女性モデルを加えて、定点撮影をすることにより家族の年々の変化を確認した。家族写真にふさわしくない要素を混入させることにより伝統的な家族写真の形式を皮肉ることも目的の一つとしていた。

写真集には、深瀬写真館で撮影された家族の肖像写真が撮影年順に収録され、巻末には原版に収録された深瀬による自伝と、深瀬昌久アーカイブスの創設者兼ディレクターを務めるトモ・コスガによる本作解説が収録されている。

EXHIBITION 深瀬昌久「家族」刊行記念特別展 巡回展
会期:11月15日(金)〜12月8日(日)
会場:POST
住所:東京都渋谷区恵比寿南2ー10ー3
開催時間:12:00〜20:00(月曜定休)
主催:Masahisa Fukase Archives、MACK、twelvebooks
協力:POST

深瀬昌久「家族」
通常版
価格:7,800円(税別)

特装版
価格:72,000円(税別)
深瀬昌久アーカイブスによる落款印 / ナンバリング入りプリント付 プリント仕様