design
Where form meets function

東京・渋谷のギャラリー「CONNECT」は、ニューヨークを拠点に活動する写真家・土山知志による、日本初の展覧会「Heat of Sand」を開催する。

作品は、土山がニューヨークに暮らし始めてからの約13年間、生活や制作をする中で無意識的に集められた興味対象が結びついた地、イスラエルで撮影されたもの。現地のダンサーやストリート、自然風景などを被写体に撮影した写真の中で、物体や空間、肉体の形を、動的、静的に捉え、シュールレアルかつ、抽象的な物語を表現。

土山がイスラエルで視覚的に強く感じた砂の存在、空気の中や建物の色、熱が環境全体に影響を及ぼしているような雰囲気をタイトルとして、Heat of Sand (砂の熱)と名付けられた。ニュースメディアなどで目にするようなフォトジャーナリズムとは一線を画す視点で捉えら写真表現だという。

オープニングレセプションでは、写真の世界観と、コンテンポラリーダンスが盛んなイスラエルでの身体表現をインスピレーションに、日本を代表するダンサーの一人である鈴木ユキオによるダンスパフォーマンスが行われる。Heat of Sandの作品に関してリサーチする中で、作家安部公房の著作「砂の女」より抜粋した砂に関する考察についてのいくつかのパートの朗読をニューヨークのアンダーグラウンドシーンで活躍するモクノアキオ、ピアニストのホンダヒトミを中心としたグループ、「アンサンブル現代」の実験音楽と組み合わせ、パフォーマンス音源とする予定。

展示に合わせ、土山自身による手作り写真集(限定50冊)、イスラエル・テルアビブでアンダーグラウンドミュージックやスケートボーディングなどストリートカルチャーをテーマに展開するローカルブランド「Thrash Addiction」とのコラボレーションTシャツを、スタイリスト渡辺慎也の監修のもと制作し、それぞれ販売予定。

CONNECT
会期:11月29日(金)〜12月15日(日)12:00 〜18:00
オープニングレセプション:11月28日 19:00〜21:00
会場: CONNECT
住所:東京都渋谷区東1ー29ー3 渋谷ブリッジ地下1階

問い合わせ先
TEL 080ー3721ー4812