design
Where form meets function

Instagram

インスタグラムは3月19日(火)、新機能「Checkout」を発表した。利用者のプロフィールにクレジットカード情報を登録することで、ブランドのウェブサイトに行かずに、インスタグラム内で簡単に買い物ができる機能で、オンラインショッピングを決定的に変えるものとなりそうだ。

新機能の登場は、購入の度に入力していた手間が必要なくなることを意味している。ショッピングの記録をより合理化させるものであるのと同時に、潜在的に衝動買いを促す機能としてデザインされている。発表に際してインスタグラムは、投稿やストーリーの機能に、製品タグや製品詳細などを付け購入できる機能の試作を行っていた。米ファッション誌VOGUEによれば、1カ月で平均130万人が、試作のタグを使用したという結果が出たといい、試みは成功していた。

インスタグラムは「Checkout」をより安全に使えるように、改良を加えようとしている。以前の試作版には、BURBERRY(バーバリー)や、PRADA(プラダ)、Oscar de la Renta(オスカー デ ラ レンタ)に加え、BALMAIN(バルマン)や、MICHAEL KORS(マイケル コース)などのラグジュアリーブランドも参加していた。アイウェアブランドWarby Parker(ワービー パーカー)や、H&M(エイチアンドエム)、ZARA(ザラ)、Nike(ナイキ)といったファッションブランドも前回の試作版に参加していた。