style
Where the runway meets the street

ISSEY MIYAKE(イッセイミヤケ)」は「A-POC(エイポック)」によるものづくりを行ってきた宮前義之とそのチームが、美術家の横尾忠則と共に「衣服の可能性」を追求する新プロジェクト「TADANORI YOKOO ISSEY MIYAKE」を発表した。

A-POCは、糸から生地をつくる過程で一枚の布の中に服のデザインを完成させるという独自のプロセスが特徴のものづくり。一本一本の糸に指示を与えて生地を編んで織るプログラミング技術は1998年に誕生し、発展を続けてきた。

横尾は美術家として活動しながら、1977年からISSEY MIYAKEパリコレクションの招待状のデザインを手がけてきた。今回は「TADANORI YOKOO ISSEY MIYAKE 0(ゼロ)」と称し、横尾の作品を一枚の布の中に再構築したブルゾンを発表。アイコニックでパワフルな8作品を、それぞれ7色の糸で織り上げた。表面に使われない色の糸は裏側に出るため、左右が反転した横尾の絵がジャケットの裏側に現れるという。

素材には軽いリサイクルポリエステルの糸を使用し、2サイズを展開。価格は18万円(税抜)。HOMME PLISSÉ ISSEY MIYAKE / DAIKANYAMAで10月23日(金)に先行発売。10月23日(金)から11月25日(日)、DAIKANYAMA T-SITE GARDEN GALLERYでは、ブルゾンの全てのパーツを織り込んだA-POCの布などを用いた特別展示を行う。

ISSEY MIYAKE SEMBAで11月13日(金)に発売し、同店地下の「クリエーションスペース」では、A-POCのものづくりのプロセスを伝える展示を行う。11月20日(金)には、ISSEY MIYAKE KYOTOで発売。

特別展示
会期:10月23日(金)〜25日(日)11:00〜20:00(25日のみ18:00終了)
会場:DAIKANYAMA T-SITE GARDEN GALLERY 東京都渋谷区猿楽町 16-15

Promotion