sneakers
From the ground up

フットウェアブランド「both(ボース)」は、東京ストリートファッションが持つ「多様性と反骨精神」から着想を得て、日本のファッションブランド「KIDILL(キディル)」とコラボレーションした新作シューズを発売する。

KIDILLは70年代のロックンロールやパンクカルチャー、80〜90年代のオルタナティヴやアンダーグラウンドな音楽サブカルチャーに根差しながら若い世代と共存し、そのアイデンティティや姿勢を表現。

KIDILLが、シチュアシオニスト哲学を掲げ活動してきたアーティストのジェイミー·リード(Jamie Reid)と2020年秋冬コレクションでコラボレーション。今回の新作シューズも、1968年〜2018年にかけて制作されたリードのアートワークから影響を受けている。

bothのシグネチャーでもあるGAOシリーズをベースに、KIDILLの解釈をプラスし、GAOチェルシーブーツとGAOダービーを製作。軽量のラバーソール、レザーのヒールパッド、ソフトなフィット感で快適な履き心地を実現。リードの芸術的視点とデザインを表現した。

both x KIDILL
発売日:8月20日(木)
取扱店舗:Trading Museum Comme des Garçons / both東京店 / KIDILL 取扱店 / bothオンラインストア(9月以降)、北京 SKP内 bothポップアップストア / 一部both取扱店

Promotion