style
Where the runway meets the street

Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)」が、ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)による2021年 春夏 メンズプレコレクションを発表。

ヴァージルは、メンズウェアにおけるプレコレクションの在り方を再解釈して表現。冬に発売されることを踏まえ、寒い季節を彷彿とさせるダークカラーのパレットを落とし込んで展開。「モノグラム・フラワー」を基にしたタイムレスなデザインは、赤いシアリングジャケットやグリーンのジレ、ダブルフェイスコートのライニングに用いるなどコレクション全体を通して登場。カモフラージュ柄を連想させる「モノグラム・リーフ」は、ジャガード織のトラウザー、デニムトラウザー、ウィンドブレーカーに描いて展開する。

丸みのあるカッティングを施したトラディショナルなスーツ、ワークウェア、パジャマなどのクラシックなアイテムは、新たなテーラリングを取り入れることでフォーマルの概念をアップデート。耐久性のあるケーブルニットをオマージュしたLVイニシャルが印象的なインターシャセーター、ニットの編み方を描いたプリントTシャツなどをラインナップする。

フットウェアでは、半透明の衝撃吸収ソールを備えた新作スニーカーが登場。スエードとメッシュでアップデートした「LVランナー」に加え、冬仕様の堅牢なダービー、チェルシーブーツも展開する。キャンバスの「キーボル」や小ぶりのバッグには、2020年 秋冬 コレクションのパステルプリントに着想した「モノグラム・パステル」をデザイン。「トランク・メッセンジャー」や「ディスカバリー・バックパック」、「ディスカバリー・バムバッグ」には、同デザインのブラックバージョンを採用した。

Promotion