design
Where form meets function

Sotheby's

日本のデザイナーであり、音楽プロデューサーや起業家でもあるNIGO®が今回、自身のコレクションをサザビーズ(Sotheby’s)に出展し、そのいくつかのアイテムに超高値が付いた。

コレクションのタイトルは、NIGOLDENEYE Vol. 1。このタイトルは、NIGO®の友人や、ビジネスパートナーであるファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)により名付けられ、NIGOの完璧なまでのデザインやファッション、アート、ポップカルチャーを示している。彼のセンスはお金を生む。総額約30億円にもなったのだから。

 

View this post on Instagram

 

Kaws is king. $14,772,753 USD. 👑👑👑

A post shared by Eric Ku (@fumanku) on


今回のNIGOの私物としてまず紹介したいのが、2005年にリリースしたKAWS ALBUMという作品である。これに付いた値段はなんと約16億円。またA Bathing Ape x KAWS(ア ベイシング エイプ x カウズ)によるスニーカーBAPESTA FS-029 KAWS Chomperが約170万円、グラフィティアーティストSTASH(スタッシュ)の作品「FOUR PACK」に約160万円の値がそれぞれ付いた。ほかにもKAWS(カウズ)が初期にハンドペイントで製作した作品が登場。約2,800万円から4,400万円の価格で落札されたという。これらの私物の売却価格を合計すると約30億円に及ぶという。

NIGOLDENEYE Vol.1は、NIGO®がサザビーズとタッグを組んで行った3回目のコレクションとなり、そこで出展されていた30点以上の作品やコラボレーションアイテムは、希少価値の高いものばかりであった。上のギャラリーで今回出展されたアイテムをチェック。ここではその在庫状況も確認できる。