sneakers
From the ground up
Previous
Next

Nike(ナイキ)のアウトドアライン、Nike ACG(All Conditions Gear)から、新作スニーカー「REACT TERRA GOBE(リアクト テラ ゴーブ)」が4月20日(土)に発売される。

特徴的な色使いや大胆なグラフィックでデザイン性を持たせ、トレイルでのギアの視認性も高めるデザインが特徴の同ラインでは、これまでも人気のランニングシューズをACG仕様として発表。REACT TERRA GOBEは、自社開発のフットウェアフォームなどを用い、耐久性と軽さのあるシルエットにまとめ、マウンテンバイクやボルダリング、トレイルランニング、カヤックなどさまざまなアウトドア・環境に対応する。

ソール部分は、ODYSSEY REACT(オデッセイ リアクト)の「弾みのあるライド感」を、多様な環境に向け改良したものを採用。かかととつま先に、耐久性のあるラバーの突起、前足のパッドにトレイルでのトラクション(牽引力)を高めるための、のこぎりの歯のような形のスティッキーラバーが付けられている。

4方向に伸縮するリップストップ素材を採用したアッパーは、耐水性を持たせたほか、かかととシュータンに長めにつまみを付け着脱しやすくした。天然ゴムのガードを付けることで、保護性も高める。

斑点入りのミッドソールは、同様の装飾を初めて取り入れたACGのクラシックとなる1991年のモワブを想起させるほか、かかと部分に使用する反射素材は、暗い場所などで光に反射し視認性にも配慮した。

K2LDV(黄色)
アビス(青)

カラーは、K2LDV(黄色)とアビス(青)を展開。価格は16,200円(税込み)。4月20日(土)から、NIKE.COMと一部のNIKE販売店で販売予定。