sneakers
From the ground up
Previous
Next

PUMA(プーマ)は、90年代のランニングクッショニングテクノロジーであるCELLを搭載した CELL Endura(セル エンデューラ)の発表に続き、CELL Venom(セル ヴェノム)を復刻させる。

1997年にPUMA CELLのテクノロジーが初めて発表された時、その革新的なスタイルは多くの話題を集めた。ミッドソールの六角形のCELLは安定した最高級のクッション性を提供するのに最適な形状で、ランナーのパフォーマンスを向上するためのストライドをより速く、強くすることを可能にした。

もともと長距離走行の為のトレーニングシューズとして開発されたCELL Venomは、20年の時を経て現代に復刻を果たす。新しい素材と最新の製法でアップデートされ、EVAのミッドソールとラバーのアウトソール、通気性の良いメッシュとスウェードで構成されるアッパーが特徴である。かかと部分にはCELLのクッションテクノロジーとボリューム感のあるデザインが施され、現在のストリートにもマッチする。

カラーは、オリジナルモデルと同じ配色のホワイトとブルーで登場し、今後更に様々なカラーリングが用意されている。また、BAITやmita sneakers、OVERKILLやFerrariとのコラボレーションモデルも予定がされている。

CELL Venomは、11月30日(金)にUNDEFEATED 原宿店で限定先行発売された後、12月8日(土)からPUMA STORE大阪、京都、原宿、お台場、富士見、サッポロファクトリー及びPUMAオンラインストア、PUMA取扱の限定店舗で発売予定である。

価格:12,800円(税別)
問い合わせ先:PUMA お客様サービス 0120-125-150