style
Where the runway meets the street

Richardson(リチャードソン)」は、英アーティスト、ブリジット・ライリー(Bridget Riley)から着想を得た2020年秋冬コレクションの最終章を発売する。

ライリーは「色」と「形」の相互作用を駆使し、眼の錯覚に訴える絵画「オプ・アート」の第一人者として知られる。今回ライリーの作品へのオマージュとして「ハイデンシティ テクスチャー」のプリントテクニックを使用したロゴプリントのアイテムを展開。

保温性の高いコーチジャケットの胸元とベースボールキャップへ、Richadsonのシグネチャーである「R」ロゴに幾何学パターンを同色のエンボス加工でデザイン。コーチジャケットはホワイトのボディにバーガンディーのグリフプリント、ブラックのボディにホワイトのグリフプリントの2色を用意した。

ブラックと「Abraham Moon & Sons」製の生地を使用したネイビーとグリーンベースのチェック柄の2色を展開するトラッパーハットも販売予定。

Coach Jacket
カラー:ブラック、ホワイト
価格:48,000円

Ball Cap
カラー:ブラック
価格:8,500円

Trapper Hat
カラー:ブラック
価格:14,000円

Trapper Hat
カラー:ブラックワッチ
価格:16,500円

(価格は全て税抜)

発売日:12月5日(土)
取扱店舗:RICHARDSON TOKYO

Promotion