style
Where the runway meets the street

TOMWOOD(トムウッド)」は、2021年春夏コレクションのルックを公開した。

今季は、ブランド創設時の理念である「コンテンポラリークラシック」を再構築し、現代の男女に向けてより洗練され、装飾性を排除したテーラードコレクションを発表する。

クリエイティブディレクターのモナ・ヤンセン(Mona Jensen)と、今シーズンから新たにヘッドデザイナーに任命されたマティア・ヴァン・セヴェレン(Mattia Van Severen)は「よりゆっくりと時間をかけ、より良い製品を作りたい」という思いから、新しいReady-to-wearのコンセプト「Ten by Tom Wood(テン・バイ・トムウッド)」を考案。

クラシックなワードローブに遊び心のある機能的なディテールを加え、身にまとう人のスタイリングと創造性を刺激する、メンズとウィメンズそれぞれ10アイテムで構成するコンテンポラリーなコレクションに仕上げた。デニムとジャージもブランドのコアアイテムとして、シーズンごとに提案するという。

北欧の夏のワードローブを彷彿とさせるシルエットと、ラグジュアリーなイタリアンウール、リネン、コットンポプリンを使用。イタリアのファインウール工場から仕入れたデッドストックのスーツ生地を使用することで、自然に生産量を制限し、既存の高品質な生地を活用することで廃棄物を出さず、BCIコットンやGOTS認証のコットンの使用を増やすなど、サステナブルな取り組みも行った。

コート、ジャケット、シャツ、ワンピース、パンツ、ショートパンツなどのエレガントなテーラードに、クラシックなデニムやカジュアルなスウェット、フーディー、Tシャツなどのリラックス感のあるアイテムを組み合わせ、定番アイテムを一新した。

Promotion