style
Where the runway meets the street
Previous
Next

アパレルブランド「LACOSTE(ラコステ)」と「BEAUTY&YOUTH(ビューティ&ユース)」がコラボレーションした2019春夏カプセルコレクションのデザインを、メンズファッションブランド「VAINL ARCHIVE(ヴァイナルアーカイブ)」の大北幸平が手掛けたことが明らかになった。4月13日(土)にビューティ&ユース渋谷公園通り店などで発売する。

2007年春夏にデビューしたVAINL ARCHIVEは、「ありそうで無いもの」をものづくりの原点に、ミックス感などのあるデザインを手掛けてきた。別注品となる新作のラコステコレクション「LACOSTE × BEAUTY&YOUTH by VAINL ARCHIVE」は全て、大北がデザイン。ポロシャツやショーツ、ハットなど都会的なアイテムがそろった。

コレクションの中でも、ラコステ定番のポロシャツ「L1212」を1サイズアップした型をベースとしたポロシャツは、ホワイト・ブラック・ベージュ・ネイビーの4色を展開。プリントを使わず生地の段階からラインを入れ、ラインのデザインで「男らしさ」やリゾート感を出したという。2・3・4・5の4サイズ展開で18,000円。

そのほかの商品は全てVAINL ARCHIVEのオリジナルパターンで、厚手のカノコ生地を使い、肘部分に機能素材を当てビッグシルエットに仕上げたハーフジップ・プルオーバーは、ホワイト・ブラック・ベージュの3色を用意(サイズは2・3・4・5、各20,000円)。プルオーバーの肘部分と同じ素材を使ったショーツ(4月17日発売)は、ブラック1色(サイズは40 ・42・44・46、14,000円、全て税抜き)。ポロシャツに合わせたライン入りソックスやVAINL ARCHIVEオリジナルの型のハットなどもそろえる。

発売に合わせ、BEAUTY&YOUTH渋谷公園通り店では、国内外で活躍する写真家・小浪次郎さんが撮影したイメージビジュアルをウィンドウに掲出する。