art

ポケモン(Pokémon)」と、米アーティストのダニエル・アーシャム(Daniel Arsham)による展覧会「Relics of Kanto Through Time(レリックス オブ カントー スルー タイム)」が8月1日(土)〜8月16日(日)、渋谷PARCO4階・PARCO MUSEUM TOKYOで開催される。

ポケモン初となる現代アーティストとのコラボレーションプロジェクトとして2020年4月に始動。4月にはUTとのコラボTが発売され、6月には渋谷の「NANZUKA(ナンヅカ)」ギャラリーで展覧会を開催した。

プロジェクト第3弾となる今回は、アーシャムによって新しく生まれ変わったポケモンの未公開の彫刻作品や、アーシャムが掲げる作品コンセプト「Fictional Archeology(フィクションとしての考古学)」の世界観を体感できるインスタレーションを世界初公開する。開催期間に合わせて約2メートルのブロンズ製「ピカチュウ」がパブリックアートとして渋谷PARCO1階店頭に登場。渋谷PARCO内「2G」では特別に作られたオリジナルグッズも発売する。

アーシャムは、現在の世界を未来から観るような作品を制作し、観る者の想像力を誘発。ポケモンを愛すべき「生きもの」「遊び」と捉え、象徴するアイテム一つ一つをアーシャムなりの考古学によって解釈し、表現した。

来場者を対象に数量限定「Crystalized Pikachu」を抽選で販売するほか、彫刻作品をデザインに落とし込んだ「ポスター」や「ステッカー」などのオリジナルグッズも展開。2Gではトートバッグなどのハイエンドな限定アイテムもラインナップする。

展覧会のオープンを記念してピカチュウが会場に来店。アーシャムが思い描く西暦3020年に発掘されたピカチュウと、2020年のピカチュウが対面した。 新型コロナウイルス感染拡大防止対策の取り組みとして、8月8日(土)11時から、自宅にいながら実際に展示会場に居るような鑑賞体験を楽しむことができる3Dビューのオンライン展示をPARCO ARTのウェブサイトから無料で開催。会場内を360度見渡し、移動して楽しめる。

Relics of Kanto Through Time at PARCO MUSEUM TOKYO
会期:8月1日(土)〜8月16日(日)10:00〜21:00
入場料:700円
会場:PARCO MUSEUM TOKYO 東京都渋谷区宇田川町15―1 渋谷PARCO 4階
※入場は閉場の30分前まで、入場規制の可能性あり
※最終日18時閉場
※営業日時変更の可能性あり
※前売券での入場者は、Crystalized Pokémonステッカー(非売品)を進呈
※前売券は日時指定チケット制。詳細は近日展覧会公式HPで公開
※パブリックアート作品は1階の公園通り側エントランス付近に設置
主催:PARCO
制作:DANIEL ARSHAM STUDIO
キュレーション:NANZUKA
協力:The Pokémon Company / HYPEBEAST

Daniel Arsham × Pokémon

Crystalized Pikachu
価格:300,000円(税抜)
※PARCO MUSEUM TOKYO会場内での抽選販売(要入場)。抽選方法などの詳細は公式ホームページで後日公開

ステッカー
価格:1,300円(税抜)

ノート(全2種)
価格:1,700円(税抜)

ポストカード6枚セット
価格:1,600円(税抜)

ポスター(全3種)
価格:1,500円(税抜)
※PARCO MUSEUM TOKYO限定グッズは、後日PARCO ONLINE STOREでウェブ販売

2G限定

ロゴトートバッグ(全2種)
価格:9,800円(税抜)

Crystalized Sculpture(全4種)
価格:6,000円(税抜)
展開:ピカチュウ、ポケモントレーナー、ポケモンロゴ、ポケモンカード

Promotion