style
Where the runway meets the street

BURBERRY(バーバリー)」が、2020年秋冬コレクション「メモリーズ」を2月17日(月)
に発表。

チーフ・クリエイティブ・オフィサーであるリカルド・ティッシ(Riccardo Tisci)自身の故
郷イタリアや、ファッションを学んだ英ロンドン、卒業後に移り住んだインドに着想を得て
アイテムをデザイン。ブランドのシグネチャーであるベージュのカラーパレットやトレンチ
コート、テーラリング、ダッフルコートなどにモダンなシルエットやプリント、加工を加えて
展開する。

ティッシは、「訪れた場所や出会った人々、影響を受けた音楽など、この特別で、人生の形成
時期だった頃のメモリー(記憶)がこのコレクションに反映されています。バーバリーで私が
確立し始めている、ブランドのコートや言語にこのメモリーを融合させたかったのです」とコ
メント。

ショーはロンドンのケンジントンにあるオリンピアのナショナル・ホールで開催
した。ミラー状のランウェイ、ピアノデュオのラベック姉妹とプロデューサーのアルカによる
パフォーマンスを用意。デイビッド・チャルミン作曲の「ディスタント・プレーシズ」、
シューベルト作曲「幻想曲 へ短調」、フィリップ・グラス作曲「2台のピアノのための4つの楽
章」を生演奏した。