design
Where form meets function

Numero TOKYOのこのカット、すっぴんだしノーブラだった。

最上もがさん(@mogatanpe)がシェアした投稿 -

現代の超人気アーティストが他の時代に流行していたら、どういう格好をしていて、,どんな見た目だったかを考えたことはあるだろうか? 今回コロンビア人アーティストであるFUL∆LEOが「2080s」と題した、今日の超有名アーティストを1980年代風にアレンジするプロジェクトで、様々なアーティストを描き下ろした。

FUL∆LEOはこのプロジェクトを通じて、多くのR&Bやヒップホップ歌手のアルバムを80年代風にデザイン。それは、ドレイク(Drake)や、リアーナ(Rihanna)、ケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)に加え、ビヨンセ(Beyoncé)、カーディ・B(Cardi B)、ザ・ウィークエンド(The Weeknd)、そしてミーゴス(Migos)などの名だたるシンガーに及ぶ。作品の中で、彼らは当時の服装だけでなく、80年代に爆発的人気だった様々なヘアスタイルに変えられ、描かれている。

以下に、FUL∆LEOの作品のいくつか厳選。今回の「2080s」プロジェクトの全貌は本人のインスタグラムアカウントでチェックしてほしい。