music
Tune in and turn up

Numero TOKYOのこのカット、すっぴんだしノーブラだった。

最上もがさん(@mogatanpe)がシェアした投稿 -

エイサップ・ロッキー(A$AP Rocky)のライブツアー「Injured Generation」が木曜日に行われ、会場となったフォーラムには顔馴染みのラッパーが登場した。スペシャルゲストのドレイク(Drake)の紹介を遮るように、ロッキーは「F**kin’ Problems」のパフォーマンスを行った。


ドレイクは、自身の最新アルバム「Scorpion」から「Nonstop」、またビルボードで1位にもなったトラヴィス・スコット(Travis Scott)の「Sicko Mode」を披露。アトランタで行われたスーパーボールでスコットがパフォーマンスしたことから、サポーターの力を借り、即興で彼のために詩も作ってみせた。

 

View this post on Instagram

 

ASAP Rocky also brought out #Drake tonight in LA for “Sicko Mode”. #injuredgenerationtour 📹@yzychris_

Drake Official Fansiteさん(@wordonrd)がシェアした投稿 –


「前回君たちとステージに立ってから、1年が経った」と主催者側に親密さをアピールする言葉も残したドレイク。ロッキーについては「たくさんの人が意識し、慕うトレンドセッターだ」と続けた。